スポンサーリンク

ハイキュー!!バボカ!!キューブドラフトで遊ぼう!!

バボカ
スポンサーリンク

こんにちは,どんかくんです

残念ながら11月中にバボカ情報が来なくてとても落ち込んでいるどんかくんです

※詳しくは下記記事参照

ついにハイキュー4期まで2ヶ月!!バボカが再開するのか考えてみた

今回は環境が変わらなくても楽しく遊べるキューブドラフトという遊び方を紹介しようと思います

今週末に開催予定の第7回聖地でバボカ交流会!!でも持っていくのでお楽しみに!!

スポンサーリンク

遊び方

そもそもキューブドラフトとは他のカードゲームで有名な遊び方です

今回はそのルールを参考に主に枚数を中心にどんかくんがハイキュー!!バボカ!!用に調整しました

【ルール】
4人用(キャラ160枚,アクション40枚の計200枚),デッキ構築,基本ルールはバボカ公式に乗っ取る
1.カードを10枚ずつの束に分ける
2.各プレイヤー束を1つ取り,その中から1枚カードを選ぶ
3.残ったカードを左隣りのプレイヤーに渡す
4.右のプレイヤーから渡された束から1枚カードを選ぶ
5.各プレイヤーが取った束が無くなるまで3と4を繰り返す
6.場のカードが無くなるまで2~5を繰り返す
7.手元に選んだカード(50枚)を使って,デッキ(40枚)を作り対戦する


※10枚ずつに分けている様子

文章だと少し分かりづらいかもしれませんが,200枚の中からその場でカードを選びデッキをつくる形式になります

好評であれば動画での紹介も検討しようと思います

カードプール

メリット・デメリット

メリットとしては環境を自分で作り出すことができます

いつも同じデッキとばかり当たる,環境が変わらないと思ったときに自分の意図で環境を決め,毎回違うデッキで遊ぶことができます

デメリットとしてはカードプールを考えるのが単純に難しいです

また,人数がいないとプレーできないことや,逆に多すぎてもできないことが問題として挙げられます

カードが足りない場合にはコピーカードを使うのも1つの手になると思います

構築例

今回のVer.1.1ではなく,Ver.1.0での運営での調整した際の構築になるため,今回のカードプールでは組めないものもありますが,参考として載せておきたいと思います

まとめ

ということで,キューブドラフトの紹介でした!

第7回聖地でバボカ交流会!!でお待ちしております!!

【ハイキュー!!バボカ!!】第7回聖地でバボカ交流会!! 大会概要 - 2019/12/07(土)/個人戦/定員:12人|イザジン
【ハイキュー!!バボカ!!】第7回聖地でバボカ交流会!!の大会概要ページ|2019/12/07(土) / 個人戦 / 定員:12人 / 参加費:100円|大会主催「どんかくん」が第7回聖地でバボカ交流会!!を開催

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました