第2回DPCSリミットレギュレーションについて

スポンサーリンク

こんにちは、どんかくんです

 

今回は先日お伝えした通り、第2回DPCSのリミットレギュレーションについての記事になります

 

山口を規制するに当たって、禁止にするのか、それとも枚数を制限するのかとても悩みました

というのもキャラゲーの中で禁止するという行為が許されるものなのかどうか悩んだからです

 

考えた結果山口を連打する動きを規制するという方向で固め、枚数制限を設けることにしました

 

第2回DPCSリミットレギュレーション

1枚制限

8弾頂山口忠

 

コンビ制限

7弾頂孤爪研磨と4弾R自分も戦えるって証明しろ

7弾頂孤爪研磨と8弾S反撃の狼煙の一本だ

 

※コンビ制限とは、指定された2種類のカードのうちどちらか1種類しかデッキに入れることができない制限です

例)7弾頂孤爪研磨が入っているデッキに自分も戦えるって証明しろを入れることは出来ない

例)反撃の狼煙の一本だが入っているデッキに7弾頂孤爪研磨を入れることは出来ない

 

以上のように決定いたしました

 

今回規制対象にしたデッキは以下の2つです

山口夏合宿

月山音駒

 

この2つのデッキの山口の連打を止める、と考えた際に山口1枚になった時点でどちらも安定した連打はできないと判断いたしました

 

音駒に山口等を入れるのを禁止すればいいという考えをお持ちの方もいるかと思いますが、そうした場合山口を音駒に入れた面白いギミックを持って来たい方が持ってこれないということと、音駒の定義が難しかったため、アクションを回収することで山口連打に繋がっていた研磨とコンビ制限という形にし、8弾頂の山口がいなくなっても11弾S山口による毎ターン3年生不可が打たれる可能性や、山口を音駒が組み込むことによって毎ターンアクション不可が発生することを防ぎました

 

何か意見等ございましたらコメントもしくは@donkakunまでお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました