スポンサーリンク

ヒロアカTCGB組t切島デッキ紹介!!〜間違いなく環境トップ〜

ヒロアカTCG
スポンサーリンク

こんばんは、どんかくんです

今年最後の記事はヒロアカTCGのB組の紹介をしていきたいと思います

略称一覧

パック名称

1弾〜3弾→そのまま表示

プルスウルトラパック=PUP数字と記入

プロモーション=P

レアリティ

プルスウルトラ=PU

ウルトラ=U

スーパー=S

レア=R

ノーマル=N

スポンサーリンク

デッキレシピ

今回使用したデッキレシピは前回の運営大会から改良したものです

PUP2U挙藤&鉄哲×4

3弾R鉄哲徹鐡×4

3弾S挙藤一佳×4

P切島鋭児郎×4

PUP2S切島鋭児郎×4

3弾S塩崎茨×4

3弾S鉄哲徹鐡×3

3弾U切島鋭児郎

3弾N円場硬成×4

3弾S単純なんだよA組×4

Pリカバリーガール×2

2弾Rオールマイト×2

初動

3弾環境では初動が3弾S塩崎茨しかありませんでしたが、PUP2に収録された挙藤&鉄哲によって、安定して序盤からトラッシュを増やすことができつつ、今まであった3弾Sの単純なんだよA組が全てトラッシュしてしまい、デッキを回復できないということがかなり減りました

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/hax_02_011.png

基本的には初手に3弾S塩崎茨かPUP2挙藤&鉄哲がなければ引き直します

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/ha_03_046.png

また、いつでも単純なんだよA組を発動できるように3弾R鉄哲徹鐡も手札に保持しておきたいです

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/ha_03_058.png

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/ha_03_043.png

基本的な初動はトラッシュを増やして手札にデッキの回復パーツを保持することになります

中盤の盤面

中盤では常にデッキのキャンセル率を意識し、3弾Sの単純なんだよA組を使うタイミングを間違わないように気をつけます

また、デッキの上にカードを乗せるギミックとデッキからカードをトラッシュするギミックをうまく利用し、3弾S挙藤一佳の効果を発動し、手札を増やします

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/ha_03_044.png

EXの選択理由

3弾S単純なんだよA組はデッキの核となるカードであるため、もちろん4枚採用していますが、残りの2枚は回復に全振りしています

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/ha_02_050.png

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/ha_p_027.png

どちらもダメージ回復ですが使い方が全く異なります

2弾Rオールマイトは手札の消費を最小限に回復することのできるカードであることからなんどもEXを戻すことができるこのデッキでは半永久的に回復することができます

それに対してPリカバリーガールはキャンセル時の回復ではなく、手札に来た時に引いてしまったEXや3弾S挙藤一佳を捨てて、能動的に3弾S挙藤一佳の再利用や3弾S単純なんだよA組でデッキのキャンセル率を高めます

Pリカバリーガール4枚でもいいのですが、手札の保持が難しくなるため2弾Rオールマイトと併用しています

環境トップと宣言した理由

ここではTwitterで環境トップと宣言した理由を説明していきたいと思います

対ステインで有利を取れる

PUP2S切島鋭児郎の効果によってPUP2Uステインの効果を逃れることができます

http://www.takaratomy.co.jp/products/heroaca_tcg/card/img/card/hax_02_023.png

発売日当日のバトル祭(8名開催)でステインデッキを使用して3連勝しましたが、対策していないデッキに対して一方的な試合になります

今期はステインデッキに対する対策ができているかどうかが1つのポイントになりますB組は元からヴィランのデッキ破壊や手札破壊に対する耐性が高い上、このPUP2S切島鋭児郎によってステインを完全に対策できています

また、ステイン対策として流行るであろう全体をトラッシュするEXに対してもPUP2S切島鋭児郎が有効です

EXの使い回しによるダメージ回復

EXの半分を回復に振っていることにより、キャンセル率を高めるだけでなく、受けることのできるダメージが7よりも多いです

これは他のデッキにはない要素です

他のデッキではEXをダメージ回復に振っていたとしてもEXが使い回せないため、B組にしかできない動きになります

まとめ

ということで、今回は環境トップと宣言したB組についてまとめました

他のデッキではできない要素を持っており、運のない僕でもキャンセルを1回もしない時以外はだいたい勝てています

運が悪くて勝てないという人に対してかなりオススメです

今日で2017年も終了ということで色々なことがあった年だったなぁと感じています

特にDPCSの開催開始やブログを本格的に始めたこともあって、かなりバボカやヒロアカTCGに費やした1年だったと思います

来年以降もDPCS及び本ブログをよろしくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました