DPCSリミットレギュレーション(第2期)と制定理由について

スポンサーリンク

こんにちは、どんかくんです

 

今回はDPCSリミットレギュレーションを発表いたします

今回は口頭での説明動画も作りました

内容はブログとほぼ同じなので好きな方をご利用ください

動画はこちら

(告知用ポスター)

 

制限(デッキに1枚まで入れることができる)
4弾頂岩泉一
8弾頂山口忠
9弾頂黒尾鉄朗

準制限(デッキに2枚まで入れることができる)
8弾頂及川徹

コンビ制限(指定されたコンビを同じデッキに入れることはできない)
7弾頂孤爪研磨と4弾R自分も戦えるって証明しろ!!!
7弾頂孤爪研磨と8弾S反撃の狼煙の一本だ

例)7弾頂孤爪研磨が入っているデッキに4弾R自分も戦えるって証明しろ!!!を入れることはできない

 

説明をする前に注意書き

運営陣で1ヶ月ほど集まるたびにデッキを試してきましたが、他のカードゲームと比べて構築やプレイングが広まっていないため私たちの予想を超えるデッキやプレイングによって高い勝率を保持される可能性があることをご了承ください

また、どのカードゲームでも規制をしていたとしても他のデッキと比べて高い勝率のデッキは存在することから運営陣では桁外れに勝率の高いデッキ(平均したデッキの勝率が50%になるのに対して80〜90%を保持するデッキ)を無くし、高い勝率のデッキができたとしても60〜70%に収まることを目標に調整致しました

また、規制をしたデッキに関しても60〜70%に収まることを目的に規制をしております

 

以下、リミットレギュレーションの制定理由を説明していきたいと思います(長文ご注意ください)

 

まずは第2回DPCSから適応されている第1期の制限の理由を添付しておきます

 

制限
8弾頂山口忠

 

コンビ制限
7弾頂孤爪研磨と4弾R自分も戦えるって証明しろ!!!
7弾頂孤爪研磨と8弾S反撃の狼煙の一本だ

 

今回規制対象にしたデッキは以下の2つです

・山口夏合宿

・月山音駒

 

この2つのデッキの山口の連打を止める、と考えた際に山口1枚になった時点でどちらも安定した連打はできないと判断いたしました

 

音駒に山口等を入れるのを禁止すればいいという考えをお持ちの方もいるかと思いますが、そうした場合山口を音駒に入れた面白いギミックを持って来たい方が持ってこれないということと、音駒の定義が難しかったため、アクションを回収することで山口連打に繋がっていた研磨とコンビ制限という形にし、8弾頂の山口がいなくなっても11弾S山口による毎ターン3年生不可が打たれる可能性や、山口を音駒が組み込むことによって毎ターンアクション不可が発生することを防ぎました

 

第4回DPCSから追加されるリミットレギュレーションは以下の通りです

 

制限
4弾頂岩泉一
9弾頂黒尾鉄朗

準制限
8弾頂及川徹

 

今回規制対象にしたデッキは以下の2つです

青葉城西

音駒

 

この2つのデッキは共にDPCSで高い勝率を誇っており、青葉城西デッキに関してはカードを加えることができないという一方的な試合展開をすることも多かったため規制対象といたしました

また、青葉城西デッキの規制後、音駒の勝率がさらに上がると考えられたため音駒についても規制をすることに決めました(詳しくは後述)

 

青葉城西を規制するにあたり、ドローロックをする4弾頂岩泉一と8弾頂及川徹、4頂岩泉一を連打させている3弾N岩泉一を候補としてあげました

はじめ3弾N岩泉一の規制によって4弾頂岩泉一の連打を止めることができれば4弾頂岩泉一に規制をする必要がないのではないかと考えましたが、実際のところ前半に8弾頂及川徹の連打によってセットをとり、後半にアタックエリアに溜まったガッツを使って4弾頂岩泉一を連打できたため、3弾N岩泉一の規制を見送り、4弾頂岩泉一を規制することでループを防ぐことにしました

次に8弾及川徹を規制するにあたり、優秀なロックパーツである、4弾頂岩泉一を規制することを決めていたので、通常のカードゲームを参考に4枚から他のデッキと変わらないレベルまで勝率を下げれるように枚数の調整を行いました

結果2枚の際のテストプレイがどのデッキとも勝ち負けを繰り返したため、2枚にすることにいたしました

これは、他のデッキへの出張を考えた際にも2枚が妥当だと考えています

 

次に音駒を規制した理由についてです

今まで4弾頂岩泉一により、少し抑制され気味であった音駒ですが、4弾頂岩泉一及び8弾頂及川徹の規制により回収手段及び、9弾頂黒尾鉄朗を使った7弾頂孤爪研磨やHVD-05-002孤爪研磨のループによって回収型音駒や菅原音駒が高い勝率を保つことが予想されたため、1枚で相手に返すことができ、ループを発生させていた9弾頂黒尾鉄朗を規制することに決めました

ループに使っていた孤爪研磨を増やすことによってまだループ自体はできますが、安定性が下がると判断いたしました

 

以上のリミットレギュレーションで第4回DPCS以降おこなっていきます

今後新弾が発売するまでまたは予期しないほどに強いプロモーションカードが発売するまでは追加しない予定です

どのデッキにも有利対面不利対面ができるように環境の調整をしましたのでDPCSに参加できない方も是非お楽しみください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました