DPCSのリミットレギュレーション制定基準について

こんにちは、どんかくんです

 

今回は9月中旬に公開予定の第2回リミットレギュレーション改訂に向けて先にリミットレギュレーションの規制基準を公開いたします

 

まず、制定基準の前にDPCS運営陣ではバボカというカードゲームを次のように捉えています

・ハイキューのキャラゲー

・ガチ層よりもカジュアル層が圧倒的に多い

キャラゲーの中ではトップクラス、カードゲームとしてみてもトップクラスでルールがよくできている

以上のように捉えております

 

特に1番目と2番目に重点を置いてDPCSを大会形式ではありますが、いかに楽しめるかを考えて計画しています

 

したがってDPCSのリミットレギュレーションではハイキューファンの方がバボカをやりたくなくなるようなことが無いように気をつけておきます

 

具体的に述べますと前回の制定で、8弾頂山口がまだ、証明で打つことができる、また、証明と狼煙によるアクション不可が打てるリミットレギュレーションを公開いたしました

 

ここで気にしたのは山口ファンの方の立ち位置です

もし、8弾頂山口、証明、狼煙を同じデッキに入れることができなければ山口ファンの方はDPCSへの参加をどう思うでしょうか?

正直参加しないという人もいると思います

仙台にはカード全てに及川が描いてあるデッキや月山だけのデッキを持っている人がいます

ネットでも夜久だけのデッキをみたことがあります

DPCSは楽しむことにも重点を置いているため、このような愛に溢れたデッキが持ち込めない環境を作ることを避けています

したがって山口の絵柄のカードが揃っていれられない状況を避けました

 

余談ですがこれが遊戯王やDMなら迷わずに8弾頂山口を禁止にしていました笑

 

少し、話がそれましたがDPCSでは以上のようにゲームのバランスとキャラゲーという2つの要素をできるだけ保つことができるようにリミットレギュレーションを制定しています

 

したがって、9月中旬のリミットレギュレーションでも弱くはなったけど戦えるじゃんというリミットになる可能性があります

それはそれ以上規制してしまうともう組む意味を無くしてしまうほど勝率が保てないという状況を生み出してしまうからだとご理解ください

 

運営一同で毎週親善マッチ前で様々なリミットレギュレーションを試していますので公開まで少々お待ちください

 

9月中旬のリミットレギュレーションが適応される第4回DPCSの詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました