スポンサーリンク

カードゲーム大会運営のノウハウpart2〜開催までの準備その2〜

DPCS
スポンサーリンク

こんにちは、どんかくんです

今回は開催までの準備について告知を中心にお話ししていこうと思います

404 NOT FOUND | どんかくんのペンギン部屋
カードゲームをしているとある教育学部生のブログ
スポンサーリンク

告知ページを作ろう

まずは大会をすることを広める基盤となるページを作りましょう

これにはizazinをおすすめしています

www.izazin.com

izazinはトレーディングカードゲーム大会支援&告知サイトです

難しい設定などはなく、告知、参加者募集、結果掲載をすることができます

イベントの詳細を載せ、参加募集、結果掲載をすることのできるサイトは他にもあると思いますが、このサイトで最も推していることは事前登録の番号が通し番号で出ることです

メールにて募集やコメントやリプで募集というイベントを見たことある方で疑問に思ったことのある方が他にもいるのではないでしょうか?

そう、これ本当に先着順なの?という疑問です

イベントを開いてくださっている方には失礼な話になってしまうのですが、自分のブログなどで手動で書いている場合には特に先着順になっているという証拠がありません

通し番号があることで、そのような不透明な部分をなくすことができるのが1つのメリットだと思います

そんな、先着順に決まってるじゃんと思う方もいるかもしれませんが参加する側が疑わずに済むことが一番です

サイトで済ましてくれるので使わない手はないと思います

他にもガチャログというカードゲームのデッキレシピを作成するサイトの番号を入れることでデッキレシピを反映することができたり、デッキ分布のグラフを自動で作成してくれます

まさにカードゲームイベント用のサイトを簡単に作ることができるということですね

Twitterでの告知も重要

過去に他県から来ていただいた方でTwitterで見つけたと言う方が1人いました

今の時代、Twitterの検索からはたくさんの情報を得ることができます

自分たちが思っている以上に活用している人はたくさんいます

情報を発信することで来るきっかけになってくれる人もいると思います

人脈を広げよう

DPCSにはいつも来てくれる仙台の人たちがいます

そういう人たちはもとは全くつながりのない人たちでした

小学生から大人の方まで様々な世代の方が来てくれます

そういう方々がいるからこそ、定期的に開催する意味がありましたし、僕も開催しようと決めて開催することができていました

県外にまで人脈を伸ばすのは難しいことですが、いつも来てくれる、来たいと思ってくれる人を増やせるように人脈を広げることはかなり重要だと思います!

まとめ

ということで、今回はどうやって大会があることを知らせるのかというお話でした

カードゲームによっては特に告知に力をいれなくても集まるケースもあるかもしれませんが、周りに告知することはかなり重要だと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました