スポンサーリンク

HV-01-047やってしまった

バボカカード考察シリーズ
スポンサーリンク

こんにちは、どんかくんです

今回からはアクションカードの考察をしていきたいと思います

スポンサーリンク

ステータス

f:id:donkakun:20180711172745p:plain

出典:バボカ公式サイトカード一覧

やってしまった
[ドロー]2:デッキからカード1枚を引く。その後、自分のキャラ1体から2ガッツを払ってもよい。払った場合、デッキからカード1枚を引く。

考察

第1弾で登場したノーマルバボのアクションカード

ドローフェイズにガッツを2ガッツ払うことで計2枚のカードをドローすることができる

1弾環境において1:2交換できるカードは少なく、アドバンテージを稼ぐことのできるカードである

その反面、ガッツを使ってフィニッシュするタイプのデッキとは相性が悪く、バボカの性質上、ガッツを使ってフィニッシュするカードが多いため相性のいいデッキが多いわけではない

また、アクションによる1:2交換、特にデッキからのドローは序盤に必要であるが、ガッツを必要とするため、序盤から使うことは出来ない

カードの性能はかなり高いが、使いたいことが多い場面と条件の相性があまり良くないと言える

そんな中第6弾にてHV-06-044村人Bも戦えます!!!が登場

f:id:donkakun:20180711174703p:plain

出典:バボカ公式サイトカード一覧

村人Bも戦えます!!!と叫ぶだけで2枚カードをひくことができ、HV-01-047やってしまったと比べ条件が格段にゆるくなっている

完全に上位互換のカードと言える

まとめ

ということで、今回はやってしまったの考察でした

今では村人Bという上位互換カードの登場により採用されないカードになってしまってますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました