スポンサーリンク

HV-01-019月島蛍

バボカカード考察シリーズ
スポンサーリンク

こんにちは、どんかくんです

今回からは月島蛍の考察に入っていきます

実は第1弾で登場した月島は全てバニラカード!!

似たような考察が3記事で見られるかもしれませんがご了承ください

スポンサーリンク

ステータス

f:id:donkakun:20180605112846p:plain

出典:バボカ公式サイトカード一覧

月島蛍
サーブ
レシーブ
トス
アタック
ブロック
2
0
0
3
3
…イライラすんだよ無駄に熱い奴って…

考察

第1弾で登場したバニラカードの月島蛍3枚のうちの1枚目

1弾環境では他にHV-01-020月島蛍、HV-01-021月島蛍が存在する

HV-01-020月島蛍はこのカードよりもブロックポイントが1低いが、その分レシーブポイントが2ある

f:id:donkakun:20180605113926p:plain

平均ステータスを求めるかブロックポイントを求めるかで採用が決まる

HV-01-021月島蛍はHV-01-019月島蛍のレシーブ版のステータスである

f:id:donkakun:20180605114113p:plain

ブロックポイントに1ある分平均ステータスはHV-01-021月島蛍の方が高いものの、役割がはっきり違うため、採用に迷うことはない

烏野のキャラとしては珍しく、第2弾でバニラカードが登場していない

おそらく第1弾で最多3枚のバニラカードが登場しているからだと考えられる

第3弾ではサインカードとしてHV-03-051月島蛍が登場

HV-01-019月島蛍のサーブポイント1をレシーブポイントに移したステータスである

f:id:donkakun:20180605114332p:plain

サーブポイントよりもレシーブポイントの方が使う機会が多いため、HV-03-051月島蛍の方が優秀と言えるが、秘バボのため入手難易度が高く、HV-01-019月島けいは引き続き採用された

5弾環境では、スターターデッキVer.烏野は爆発的に進化するにてHVD-03-006月島蛍が登場した

f:id:donkakun:20180605172614p:plain

初のブロックポイントが4ある月島蛍のバニラカードが登場した

全ステータスでHV-01-019月島蛍を上回っており、完全下位互換になってしまう

11弾で登場したHV-11-061月島蛍も同様のステータスである

f:id:donkakun:20180605172755p:plain

更に第6弾にてHV-01-017月島蛍が登場

f:id:donkakun:20180605173603p:plain

こちらも全てのステータスでHV-01-019月島蛍を上回っており、完全な上位互換になっている

まとめ

ということで、今回は月島蛍のバニラカードについての考察でした

前回の田中とは違いやはり完全上位互換が登場してしまっていますね

次回も月島ですが、どう違うのか考察していきたいと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました